熱帯夜の暑さをしのぐ、快眠メソッド

夏の夜、寝付けないのは実は”冷え”のせい?専門家がお悩みにこたえるSleepsalonへようこそ!

夏本番。日中の暑さからくる疲れをとるために、ぐっすりと眠りたいところですが……快眠を妨げてくるのが“熱帯夜”。クーラーをつけたり冷感寝具を用いたりと、暑さをしのいでいるのに「なぜか寝付けない……」ということはありませんか?
もしかすると、それは“冷え”からくるものかもしれません。 実は夏の冷えは、冬よりも気付きにくい分、注意が必要なんです。
今回は、夏の夜でもぐっすり眠れる快眠メソッドを専門家に教えてもらいます。

夜、クーラーをつけても寝付きが悪い…

日本の夏は湿度が高く、気温以上に暑く感じるため、体を温めることを忘れがちです。“冷え”とは無縁と思っている方も、実はその夏の寝付きの悪さが“冷え”から来ているかもしれないことをご存知でしょうか? 人は寝付くとき、昼と夜の深部体温(脳と内臓の温度)の落差が大きければ大きいほど、ぐっすりと眠れます。つまり、昼の時点で深部体温が低いと、寝付けなかったり眠りが浅くなってしまうのです。「暑くて寝苦しいから」とクーラーをつけても、深部体温がこれ以上下がらない状態ではうまく寝付けません。
つまり、良質な睡眠のためには、日中の生活スタイルや寝る前の習慣を見直して、夏の冷え対策をすることが重要なのです。

國井 修
睡眠健康指導士の立場から睡眠の研究や睡眠の重要性について啓蒙。睡眠改善インストラクターの立場からはお客様へのコンサルティングやサポートを行っている。

人の深部体温は、昼間から夕方6時〜7時にかけて最も高くなり、逆に眠っている夜中の3時〜4時が一番低くなります。昼間の体温が上がりにくい環境だと、体温の落差が生まれにくくなり、眠りを悪くしてしまいます。深部体温が関係しているので、クーラーだけでなく、冷たい飲み物にも要注意です。

夏場は暑くてシャワーだけで済ませているという方も多いのですが、お風呂は冷えにも睡眠にも効果的。深部体温を少しだけ上げることができるためです。夏は38〜39℃、冬場は40〜41℃くらいのお湯に、20〜30分入ることをおすすめします。
逆に「熱いお風呂が好き!」という人は、適正な深部体温になるまでに時間がかかるので、睡眠の2時間前までに入浴を済ませましょう。(この間では体を冷やし過ぎないことがポイントです)

クーラーとタオルケットの併用が多数派ですが、眠っている間に身体が冷えすぎてしまうと、寝冷えにより体調を崩したり、冷えが蓄積して冬の辛い冷えの原因にもなるので要注意です。
朝起きたときに、寒かったのかタオルケットをすっぽりかぶっていた……なんて経験のある人は、エアコンの温度や寝具を見直してみては?

マイナビウーマン調べ 2017年6月 21歳〜39歳の男女対象 有効回答数310件

首には自律神経の束があり、首を冷やすと血流が悪くなって凝りが出ます。この凝りが、自律神経を乱してしまい、体温調節がうまくできなくなってしまうのです。 ストールなどで冷えすぎを回避しましょう。

足首は筋肉がなく血管がむき出し。外気温に影響されやすいので、冷房の冷気が足元に広がると、冷たい血液が身体中に流れて、さらに冷えてしまいます。 夏場でも足首ウォーマーなどを上手に使うと、冷えを防げるでしょう。ひざ掛けなどを併用すると更に◎。

oluhaの羽毛足首ウォマー

足首を効果的に暖めるウォーマー。羽毛は熱を発するのではなく体温を保温します。その自然な温かさに加え、吸湿発散性が抜群で爽やかさを兼ね備えておりますので、オフィスでの足元の冷え対策として、夏場にも重宝します。とても軽くソフトな肌触りで、コンパクトになるので携帯にも便利!

快眠メソッド2 夏のバスタオルにふくらはぎのマッサージで身体のめぐりUP

足元の末梢血管の血液は、“第2の心臓”とも呼ばれるふくらはぎの筋肉の収縮によって心臓へ押し戻されていることをご存知でしょうか?  お風呂に入って温めながら、ふくらはぎをマッサージすると、筋肉の収縮が良くなり血液の流れを円滑に保つことができるんです。ふくらはぎの筋肉を揉みほぐすだけでも、血液の流れがスムーズになり全身のあらゆる組織が活性化して、冷えを緩和してくれるでしょう。

快眠メソッド3 夏の寝具は空調とのバランスで

エアコンを使用しない場合、湿気が高く、たくさんの汗をかいても蒸発しないので、湿気を取り除いてくれる寝具が重要!
夏は、1日コップ2〜3杯(約400〜600cc)の汗をかき、そのうちの約8割が敷きに溜まると言われます。よって、できる限り湿気を取り除く快適なシーツやパッドを選ぶことが、夏の快眠につながるでしょう。
エアコンを使用する場合は、温度:27〜28℃、湿度:45〜55%くらいがおすすめです。

暑そうに感じるかもしれませんが、実は汗を吸い込んで発散してくれる働きが抜群。リネンカバーを合わせて使うと、独特の剛性(シャリ感)がふとんと身体に隙間を作ってくれる上に速乾性があるので、快適に眠れます。

ガーゼケットやタオルケットもサラっとしていて夏に最適です。また、汗をかく分、洗濯機で洗えるのも魅力!

汗・熱を素早く拡散させる速乾性がポイントで、身体を直接冷やすのではなく湿気を取り除くタイプのパッドがおすすめです。身体を直接冷やしてしまうと、冷えを助長してしまうことも。

きれいな呼吸をするoluhaのゴア®肌掛けふとんは、ふとん生地の内側に超高性能のフィルターを貼ることで、汗の水分を外に放出しながらハウスダストに含まれる花粉やダニアレルゲンはもちろんのこと、超微細な細菌さえもふとん内への侵入を防ぎます。
更に、汗の水蒸気を逃す透湿性と発散性に優れた羽毛の機能を活かして、夏でもムレずに爽やか、そして衛生的!体温も調節して寝冷えも防ぎます。
和晒プレミアムガーゼケットは、ふんわり柔らかな手触りで、夏でも湿気がこもらずさらさら快適。洗濯をするとさらに風合いがアップします。特に冷房が苦手な方にはオススメです。
どちらも職人が培ってきた匠の技で仕上げた自信作です。