お知らせ
お知らせ

2016/05/27

おしらせ

羽毛ふとんの原産地表示に関する報道について

お客様各位


羽毛ふとんの原産地表示に関する報道について


 平素は弊社商品をご愛用頂きまして、誠に有り難う御座います。


 さて、5月7日付朝日新聞朝刊を始め、一部報道機関から、「羽毛ふとんに産地偽装の疑いがある」旨の報道がありましたので、弊社の「ものづくり」に対する理念を申し上げ、一切そのようなことがないことをお誓いして、ご理解いただきたいと存じております。


 弊社では創業以来一貫して「品質第一」を掲げ、「品質の東洋羽毛」として多くのお客様にご愛用頂いております。そして、今年は創立63周年を迎える、羽毛ふとんの専門メーカーとして経営を続けており、昨年は過去の努力が認められて、経済産業省事業である「第9回製品安全対策優良企業表彰」を受賞いたしました。


 弊社は、羽毛ふとんの命である「羽毛」の仕入れにしても、社員や私が直接原産地まで買いつけに出向き、時には飼育農場にまで足を運んで吟味し、また弊社の「ものづくり」に対する理念を伝えて、ご理解を頂くようにしております。


 また、現地で羽毛を購入する場合でも、加工する前の採取したままの「原毛」で購入し、輸入したものを自社の福島県・白河工場で精製衛生加工を行っております。

大切なところは、決して他人まかせにはいたしません。

それは、たとえ手間がかかり、コストが上がっても、専門メーカーとして最後まで責任を果たしたいからです。


 私は、ものづくりの原点は全てに「誠実」であることを理念としており、仕入れ先である現地の外国の方々にもご賛同頂いておりますので、長期にわたる取り引きが続いております。


 そうは申しましても、羽毛の検査チェック体制は重要ですので十分整えており、船積み見本の検査から、到着した現物の検査、そして、その原毛を試験洗浄した羽毛の検査など、品質に関わることは入念にチェックをして羽毛ふとんを製造しております。


 羽毛ふとんは、高品質なものであれば10数年は使用出来る耐久商品ですので、弊社はあくまでも「高品質」にこだわってものづくりをしており、それは羽毛だけでなく、原材料は全て厳格に検査をしております。責任あるメーカーとしては当然なことであります。


 以上の通り、弊社羽毛ふとんは、適正な表示の商品ですのでご安心ください。

 尚、弊社の羽毛ふとんにつきまして、お気付きのことがございましたら、oluha(オルハ)上質睡眠専門店ならびに弊社オルハ事業部までご連絡賜りますと幸甚でございます。


以上


2016年5月     

東洋羽毛工業株式会社

代表取締役 柳場 弘



お知らせ
ページトップへ